※臨時の場合の営業時間はお知らせをご覧下さい。

患者様の声

腰、膝、脚の痛み

私は知立市に住む55歳の主婦、名前はMWです 

※個人の感想で結果には個人差があります。

それは8月も半ば、まだまだ暑さ厳しいある火曜日のこと、名古屋市まで出て友達と会いお茶とお喋りで楽しいひと時を過ごした後、行きつけのデパートで買い物をしてから帰宅しようと地下鉄の階段を降り始めた時です。
酷いめまいに襲われ一瞬気を失いかけて、思わず座りこもうとしましたが、バランスを崩して5、6段落下、運よくお尻から滑り落ちました。
しかし腰を大きく捻って止まったようでしばらくその場から動けませんでした。
親切な見知らぬ通行人に助けられて、地下鉄の職員のいる所までたどり着き、近くの病院に行こうと思いましたが、しばらく其処で休んで居るうちに何とか歩けそうになりましたので、職員に打ち身の張り薬の常備薬を頂き、何とか自宅にたどり着きました。
一日、二日と日が経つにつれ膝、足の痛みが酷くなり、ついに背中まで痛みが回って夜うんうん唸ってまともに眠れなく為りました。

かねてから私は骨格の歪みを調整によって血流を良くし、自己治癒力を高めるために、名古屋の自然医学総合研究所に通院しておりましたので、あまりの痛さにたまりかねて、日曜日の夜でしたが、本部の大沼先生に電話で相談しました。
が、あいにく次の日は月曜日で本部の施療は休みです。先生に状況を話しましたら一宮支部の恒川先生にすぐ連絡をとって頂きあくる月曜日一宮支部まで施療に行きました。
夫に送って貰いましたが、車に乗ることも足の置場も痛みとの闘いで、一宮までの40分が二時間ぐらいに長く感じました。

恒川先生は本部の施療スタッフも兼ねておられるエキスパートでもありますが、足湯、コウケントー、レーザーによる入念な温熱加療のあと骨格調整をして頂きました。
約一時間の施療を頂きふと気がつけば、スタスタと歩いている自分に気が付きびっくりしましたことを今でも鮮明に記憶しております。

階段を落下したときに無意識のうちに腰を捻って骨盤がずれたことが痛みの原因だったようです。

日頃から自然治癒能力をあげる為の鎖骨、骨盤調整がこんなにも劇的に役立つことを体感して、ますます自然医学総研の活動の素晴らしさを実感しました。
又このNRT自然免疫活性療法を確立された大沼先生に心から敬服するとともに、先生と恒川先生方のスタッフの方々に、世の中の病に苦しむ大勢の人々のためにも益々のご活躍をお願申し上げる者です。

 

tiryu-mw  w-husai

 

ページの先頭へ