※臨時の場合の営業時間はお知らせをご覧下さい。

お知らせ

整体院ゆずのブログ

一覧を見る

不良な噛み合わせ・顎関節症でお悩みの方へ

平成25年8月より整体院ゆずは一宮市本町の加藤歯科医院とコラボレーションし施術にあたる事になりました。

★不良な噛み合わせ・顎関節症への新しいアプローチ★

私たちの日常生活では色々な解決しづらい不快症状があります。
たとえば、頭痛、肩こり、耳鳴りなどがそうです。これらの症状が噛み合わせの歪みを正すことにより消失または軽減されたということを耳にされたことはありませんか?

顎の関節の周りには多くの神経が走っており日常生活での姿勢不良やまたストレス社会におけるくいしばり、現代生活での習慣・環境・歯並び及び、不良な修復物によって噛み合わせや顎の関節が正しい位置よりずれ、周囲の多くの神経・血管に影響を及ぼすのではないかと考えられています。

そのように生じた身体全体の歪み(ずれ)を外堀から修正し(整体)、身体全体のバランスが整ったところで歯の噛み合わせを正す(歯科咬合治療)、といった双方向からのアプローチによって、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に高めてゆき、患者様のお悩みを解決していきます。

全身という大局的な見地から整体分野、また限局的で繊細な調整を要する歯科分野がタッグを組んで治療をより効果的にして行こうという志を共に持ちました。
加藤歯科医院・院長加藤先生のお話によると、噛み合わせや顎関節症で来られる患者さんは身体が歪み、緊張して硬くなり、肩こり、腰痛持ちの患者さんが多いそうです。特に症状が進行している患者さんには、本来の患者さんに合った噛み合わせのマウスピースを作製するのに大変苦労するそうです。

私たちの身体は、有害なストレスがある一定のレベルを超えると交感神経が過度に緊張し①骨格が歪み、②血液の質・流れが悪くなり、③軟部組織(筋肉や血管など)が萎縮・硬直し、肩こり・腰痛だけでなく色々な病状を直接的又は間接的に引き起こします。
当然噛み合わせの悪い方や顎関節症の方もこの三つの障害があります。 
骨格も歪み、顎関節の周りの筋肉(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋胸鎖乳突筋僧帽筋など)も硬くなり血流も悪いでしょう。

 

画面クリックで拡大します。

図01 図02
 図03  図04
 図05  図06

解剖画像@Frank H.Netter

この三つの障害を私は三大障害と呼んでいますが、三大障害も不良な噛み合わせや顎関節症の原因の一つではないかと思います。
噛み合わせの矯正や顎関節症の患者さんが歯科医院に行って良い結果が得られない場合の多くは、三大障害がかなり進んでいると考えられます。(三大障害の詳しい内容についてはトップページ・施術の特徴と方針をご覧下さい。)

整体院ゆずでは不良な噛み合わせ・顎関節症でお悩みの患者さんを対象に、ストレスにより交感神経が過度に緊張して生じる、三大障害(①骨格の歪み②血液の質・流れ③軟部組織の萎縮・硬直)を骨盤調整(整体)による施術・指導を行い改善し、歯科治療でより良い結果が得られるようサポートします。他の整体院と異なる点は、歯科医師の指導の下で施術を行いますので患者さんも安心して受けられます。
不良な噛み合わせ・顎関節症でお悩みの方は是非ともお問い合わせ下さい。

※施術は加藤歯科医院・院長加藤先生の指導の下で行いますので、まず加藤歯科医院の診断を受けて頂き、整体院ゆずに来て頂く形になりますのでご注意下さい。
     

整体院ゆず 院長 恒川 孝
★噛み合わせと身体の歪みは密接な関係がある★

私たち歯科医が歯並び及び不良修復物により引き起こされた噛み合わせの不正を正す治療(咬合治療)を行う際に、頭痛、肩こり、耳鳴りなど直接歯と関連がなさそうな悩みまで改善されることがあります。
それらが噛み合わせの不正が原因となって起こる症状かどうかはまだ明確にわかっている訳ではありません。
しかしながら私は、どのようなメカニズムでこのような事がおきるのかを知りたく理解のある患者さんの御協力のもと、色々な方向から考察してきました。
加藤歯科医院/顎関節症ページを参照>>

その結果、噛み合わせと身体の歪みは密接な関係があると考えています。
 下顎の運動は顎関節と多くの筋肉によってその運動が制御されています。
顎関節は特殊な関節で下顎骨と言う一つの骨の両端に存在し、また下顎骨は人体の左右に渡り(多くの部位は左右別々に存在)、その運動は両端の顎関節の協調によって制御せれるまれな部位です。
また下顎は足・腰・背骨の上に乗っかっている重い頭蓋(6kg)にぶら下がり、姿勢に対する頭位および重力の影響を受け、複雑な運動をします。
このことは簡単に実証できます。例えば皆さんが歯と歯を合わせずに立ち大きく頭を右に倒した状態で力を抜いて歯を合わせれば右が先に接触し、左なら左、前なら前と言うように、重力の影響を受けます。
このことから噛み合わせは全身の姿勢の影響を受けることは明確といえます。
ですから整体によってバランスのとれた全身状態の下で歯科治療(人体の中で人為的に修復することが多い分野)を行う意義はここにあるのです。

上記のような不正な虫歯治療や習慣、歯周病などで失った噛み合わせを再構築する作業は、整体院の協力を得て痛みやいろいろな不快症状から解放された状態でかつ全身的に見て前後左右のバランスのとれた姿勢で模索する必要があると考えます。
また、逆に全身的に考えられたバランスの良い噛み合わせは健康の維持に安定をもたらします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
加藤歯科医院 院長 加藤寛先生のご紹介

歯周病、虫歯、咬みあわせの異常は日頃の食習慣や姿勢、ストレスなど生活習慣病などの側面をもつ疾患です。
それに対応すべく患者様の身になって日頃の生活指導、セルフケアなど各専門資格を持ったスタッフ(歯科衛士・薬剤師等)でチーム医療に力を注いで日々研鑽を積んでおります。どうぞお気軽にご相談ください。
加藤先生

一宮市 加藤歯科医院 HPはこちら>>

 

不良な噛み合わせや顎関節症でお悩みの方は一宮の加藤歯科医院・整体院ゆずへご相談下さい。

整体院ゆず yuzu-t.com/
院長恒川孝
〒491-0831 愛知県一宮市森本三丁目14-1
Tel:0586-58-1253
e-mail info@yuzu-t.com

ページの先頭へ